『ミリオンダラー・ベイビー』夢を追うということの意味とは?


VN:F [1.9.22_1171]
あなたの映画評価は何点?
Rating: 4.6/5 (5 votes cast)
映画の評価(5点満点)

★★★★★

ガツンとボディーに拳を打ち込まれ、内臓をゆさぶられる。テーマの重みがじんわりと痛みとなって伝わってくる――夢を追って生きるとはこんなにも辛いものか。

ボクシングの世界チャンピオンを目指す女性ボクサーと、過去を引きずる初老のトレーナーの夢とそのはかなさを描いた『ミリオンダラー・ベイビー』は、重いパンチをくらったような衝撃を受ける。

間違いなく本格派ヒューマンストリーの1つに数えられる。夢を追って必死に生きるということは、こういうことなのだろうか? そうであれば辛すぎる。

WarnerBrothers/Photofest/MediaVastJapan

WarnerBrothers/Photofest/MediaVastJapan


今にもつぶれそうなボクシングジム「ホット・ピット・ジム」を営むフランキー・ダン。トレーナーとしての腕は超一流だが、職人気質の不器用さが災いして、マネジャーとしては不向きだった。最高のボクサーに育て上げたビッグ・ウィリーも脂が乗り切ったところで、逃げられてしまう始末だ。

そんなとき、フランキーのトレーニングを受けたいと入門してきた1人の女性がいた。トレーラーハウスで育ち、レストランのウェイターをしながら独学でボクシングを学んできた素人女性ボクサーのマギー・フィッツジェラルドだ。年齢は既に31歳。ボクシングを本格的に学んだところで、芽が出るはずもない。そもそも女性を育てるつもりのないフランキーは追い出したいが、6カ月分の代金を先払いしていると聞き、扱いに困ってしまう。

元ボクサーでジムの雑用係のエディは彼女の素質を見抜いていた。エディの勧めもあり、フランキーはマギーのトレーナーをしぶしぶ引き受けることに。フランキーのアドバイスをまじめに聞き入れるマギーはみるみる力を付け、「モ・クシュラ」の愛称で人気と実力を兼ねた選手へと成長。そして、ウェルター級の世界タイトル戦に挑戦することになるのだが。

クリント・イーストウッド監督の作品の根底に流れるものは、いつも重い。ミリオンダラー・ベイビーもそうだ。孤独に夢を追って燃え尽きたマギーは幸せだったのか、どうか。たぶんそうなのだろうが、結末にはもっとも苦しい現実が待ち受けている。夢を追うことの本質は手に入れる過程こそあり、手にすることがなくても輝けるのだ。そう言ってしまえば簡単かもしれないが、この映画ではそのことを知るのは最悪の現実に直面したときなのである。しかも、もう再起を図ることすら許されない厳しい現実なのだ。

夢を追ったという誇りを選んだマギーとフランキーが最後に選択したのは、まさに生き様としか言いようがないが、あまりに辛い。

人間とは、夢を見る分、不器用に生きるしかないのだろうか。心を揺さぶられる。

ミリオンダラー・ベイビーの監督
クリント・イーストウッド
ミリオンダラー・ベイビーの出演
クリント・イーストウッド
ヒラリー・スワンク
モーガン・フリーマン

『ミリオンダラー・ベイビー』夢を追うということの意味とは?, 4.6 out of 5 based on 5 ratings

タグ:

トラックバックURL(お気軽にどうぞ)