『戦場でワルツを』ドキュメンタリーアニメは新境地?


VN:F [1.9.22_1171]
あなたの映画評価は何点?
Rating: 4.4/5 (5 votes cast)
映画の評価(5点満点)

★★★☆☆

プアーです。どうしても見たかった今話題の映画『戦場でワルツを』を見てきた。感想は「面白いちゃあ、面白いんだけど、モニャモニャ~」と何とも歯切れが悪いもの。当日の現場仕事が朝4時起きということもあり、後半はウトウトとしてしまったのはここだけの秘密である。

戦場でワルツを

ほかのレビュアーが「果たしてこの映画を表現するのにアニメである必要があったのか?」と言っていたが、まさしくその通りである。

以前酷評をした『時をかける少女』の細田守監督は「アニメはただ飯を食う、走るという行為だけで場を持たせることができる」と、確かそんなことを言っていた。『エヴァンゲリオン』の庵野秀明監督は「アニメの得意分野、演劇の得意分野、実写映画得意分野はそれぞれ違う」と言う。つまり、アニメは基本的に“動きを魅せる”ことに特化された表現手段だと言ってもいい。静寂、つまり静的表現をするときには、極めて注意深い演出が必要なのである。

回りくどい言い方になってしまったが、『戦場でワルツを』のようにドキュメンタリーという手法を取った場合、必然的にモノローグや解説などの会話のみがダラダラと続いてしまう。結果として、アニメのメリットを殺し、デメリット助長させることになる。もちろん、幻想的な妄想シーンや戦闘シーン、フィクションだかノンフィクションなんだか定かでないシーンなどでは、アニメの持つ力というか、魔力を存分に生かせているのだが。

一概にドキュメンタリーがアニメ向いてないとは言えないかもしれない。しかし『戦場でワルツを』はどう割り引いて見ても、全体的な表現のつたなさを否定できない。いかんせん日本はアニメ超先進国。表現レベルは、開国当時のエドジャパンと欧米列強以上の開きがある。そんな観客を相手にするのは厳しい。

とは言え、いろんな意味で極めて変った映画である。一度見ておく価値はあるだろう。

戦場でワルツをの監督・脚本・音楽・声の出演
アリ・フォルマン
戦場でワルツをのアニメーション監督
ヨニ・グッドマン

『戦場でワルツを』ドキュメンタリーアニメは新境地?, 4.4 out of 5 based on 5 ratings

タグ:

トラックバックURL(お気軽にどうぞ)