『板尾創路の脱獄王』100%板尾印の真価は?


VN:F [1.9.22_1171]
あなたの映画評価は何点?
Rating: 3.3/5 (6 votes cast)
映画の評価(5点満点)

★★☆☆☆

プアーです。何でか知らないけどフラフラ~という感じで見てしまったのだが、『板尾創路の脱獄王』はなかなかに評価の難しい映画である。観た人すべてが「つまんなくはないけど、面白いかと言えば微妙だよな」というものに落ち着くからだ。

脱獄王を観た後の微妙感は、つまるところ監督、脚本、主演の3役をこなす芸人、板尾創路の技術不足によるものではないかと思う。

板尾創路の脱獄王

映画の構成は非常に面白く、単純な脱獄映画と見れば完璧なのにどうしても残尿感のような嫌なものが残る。これは膨らませるべきところを膨らませきらず、丁寧に描かなければいけないところをおざなりにしてしまってることにある。これが見た人に「アレェ~」と残念に思わせている。たぶん僕の勘は間違っていないだろう。特に映画における“ベタさ”が効果的に発現される脱獄物なだけに、板尾の未熟さは非常に残念である。

だが、この映画にも良いところはある。外部の人間を編集と脚本(脚本は板尾も参加)に参加させているところだ。実はこの映画に参加している山口雄大氏は割りと癖のあるギャグ漫画を監督として映画化しており、本作も板尾創路の持っている才能やアクの強い魅力を存分に引き出している。普通の映画監督では絶対思いつかないアイデアや独特の演技を板尾がし、それを効果的に演出するという点では上手く車輪の両輪が回っている。よく芸人さんが撮る映画というのは部分、部分で天才的な発想力を持つものの、全体的としては「ちょっと~」というありがちな欠点を、完全とはいえないが上手くフォローし、良さとして引き出せているのだ。

正直、映画としては微妙だけど、色物映画としては充分に及第点を出せる。皆さんはどうであろう? 映画として料金を払うとなると、それにはちょっと高い気がするが、DVDだとおトク感はあると思う。

板尾創路の脱獄王の監督・脚本
板尾創路
板尾創路の脱獄王の出演
板尾創路
國村隼
ぼんちおさむ
オール巨人
木村祐一
宮迫博之

『板尾創路の脱獄王』100%板尾印の真価は?, 3.3 out of 5 based on 6 ratings

タグ:

トラックバックURL(お気軽にどうぞ)