『華氏911』旬は過ぎてもムーア×ブッシュは抜群の食い合わせ


VN:F [1.9.22_1171]
あなたの映画評価は何点?
Rating: 5.0/5 (2 votes cast)
映画の評価(5点満点)

★★★☆☆

プアーです。ドキュメンタリー映画のよいところは「その国の文化を垣間見れること」+「頭が良くなった気がすること」の2つである。普段肉体労働をなんてやってると、たまには賢くなるものでも見ないとという殊勝な義務感が頭をもたげてくるのだが、この手のドキュメンタリーを見ながら思うのは「まあ、元が馬鹿だとこの手の映画を見ても賢くなる気がするけど、あくまで気分だよね」といった残念な感想である。ま、そこに気づくだけでも知性の残しが残ってると信じたい。

華氏911


今回取り上げるのは、マイケル・ムーア監督の『華氏911』である。内容はご存じ、ブッシュJrの悪口を詳細に訴えますというもの。

さて本作『華氏911』は終始ブッシュ大統領の悪口を言ってるのだが、冷静に考えてみたらすごい話である。日本に置き換えると麻生前総理だの鳩山総理だのの悪口をえんえんと映画で垂れ流すようなもの。大体からテレビからしてアメリカというのは「次の選挙は自民党に入れましょう」とか平気でのたまっちゃうようなお国柄である。さすが、自由が国、僕的には狂ってるとは思うが非常にうらやましい。

しかも、どう考えてもブッシュJr大統領は歴代大統領と比べても最悪レベル。ルーズベルトやケネディーと本当に並べていいの? というスンゴイ御仁。さすがにそこまで悪いと、極端な論旨展開をしてるマイケル・ムーア監督もそれほど異常に見えない。終始、悪口を垂れ流されてもまったく不思議に思えないブッシュもどうかと思うけど、マイケル・ムーア監督との食い合わせは抜群によい。

パートナーがレビューした『ブッシュ』も合わせて見ると、「あぁ身のほどを知るって重要なんだな」と感慨深くなるのは間違いない。オススメな見方である。既にちょっと旬を外している気もするけど、ブッシュに興味がある人は見ても損はない?!

華氏911の監督・脚本
マイケル・ムーア

『華氏911』旬は過ぎてもムーア×ブッシュは抜群の食い合わせ, 5.0 out of 5 based on 2 ratings

タグ:

トラックバックURL(お気軽にどうぞ)