『プレデターズ』歴史にまた困った一作


VN:F [1.9.22_1171]
あなたの映画評価は何点?
Rating: 4.0/5 (2 votes cast)
映画の評価(5点満点)

★☆☆☆☆

プアーです。どうしても見たかったあの映画『プレデターズ』をついにレンタルビデオ屋で手にした。いつも評価に困る初代以降のプレデター作品だが、その困った歴史にまた新たな一幕が。止めときゃいいのに、ああ……。

プレデターズ

初代以降の作品は完全に勘違いしているが、プレデターの魅力はクリーチャーそれ自体の作りよりも、見えない、何者か分からない、という設定にある。そこを踏まえた上で、どうやって初代を超えるか? ここが肝なのだが、『エイリアンズ VS. プレデター』以外は設定の時点で完全に失敗している。

本作『プレデターズ』もそれにもれることなく、複数の人間 VS. 複数のプレデターというプレデター映画の本質を完全に見誤ってしまった。そして、今回の主人公は、なんと『戦場のピアニスト』のエイドリアン・ブロディ!! なぜにピアノ弾いてた奴がプレデターと戦うんですか? その時点で意味不明。ブロディーよ、お前は腐ったジャガイモ食ってショパンでも引いてろって感じだ。

ほかの登場人物もヤクザ、殺人鬼、医者、特殊部隊隊員、女性スナイパーとまったく方向性が見えない。初代ですら、シュワちゃんがいて、ほかも屈強な兵隊たちだったにもかかわらず、壊滅の憂き目にあってるのに、どうした一体? せめて知能戦でプレデターをしとめる程度の内容ぐらいにはしてほしいのだが、初代へのオマージュか、完全なガチ勝負。そんな勝てるわけのない状況で、プレデターと戦いを繰り広げられても終始激萎え。盛り上がらないまま終盤を迎え、そしてそのまま映画が終わってしまう。

ロバート・ロドリゲスお得意のやりすぎB級映画路線も、ジョナサン・デミばりの高度知能戦路線、スタローンを基軸とした『エクスペンダブルズ』路線など、いくらでも面白くできる要素が考えられるだけに非常に残念。でもまた、プレデター映画あったら見ちゃうんだろうなあ。ほんと罪深い映画シリーズである。

プレデターズの監督
ニムロッド・アーントル
プレデターズの製作
ロバート・ロドリゲス
エリザベス・アベラン
プレデターズ出演
エイドリアン・ブロディ
トファー・グレイス
アリシー・ブラガ
ローレンス・フィッシュバーン
ダニー・トレホ
ウォルトン・ゴギンズ

『プレデターズ』歴史にまた困った一作, 4.0 out of 5 based on 2 ratings

タグ: ,

トラックバックURL(お気軽にどうぞ)