『ドリームガールズ』成功と挫折の熱唱に脱帽


VN:F [1.9.22_1171]
あなたの映画評価は何点?
Rating: 4.5/5 (4 votes cast)
映画の評価(5点満点)

★★★★★

浮き沈みに、ねたみ、つらみ――できるならそんないざこざは避けて通りたいが、そうはいかない。なにせここは、ショービズの世界。しかも1960年代のアメリカで、黒人歌手が全米で伸し上がろうというのだから。そんなドロドロした世界もミュージカルで、一流のエンターテイメントにしてしまったのが『ドリームガールズ』だ。

ショービズ界での成功と挫折。華やかな表舞台では見ることのできない裏側をミュージカルに仕上げた。王道のストーリーに、ビヨンセ、アメリカンアイドルの勝者ジェニファー・ハドソンが熱唱する。アメリカン・エンターテイメントの王道映画だ。

ドリームガールズ

Kobal/ParamountPictures/TheKobalCollection/WireImage.com


1960年代のデトロイト。黒人歌手グループ「ドリームメッツ」のメンバーはデビューを夢見てライブハウスで歌い続けているが、なかなか芽が出ない。ちょうど黒人人気歌手ジミー・アーリーのバックコーラスを探していたカーティス・テイラーJrは、ドリームメッツの3人に目をつける。やり手のテイラーJrはレインボーレーベルを立ち上げ、新曲「キャデラックカー」でヒットを飛ばす。しかし白人歌手に曲を盗まれてしまう。

エンターテイメントの世界では日常茶飯事のことだ。全米のDJを買収して伸し上がっているのだ。これに打ち勝つには実弾(金)しかない。手段をいとわず、新編成のザ•ドリームズで果敢にエスタブリッシュメントにチャレンジ、旋風を巻き起こす。だが次第に失っていくものも。成功の代償は大きい。

本作の見せ場は、何といってもビヨンセ、ジェニファー・ハドソンなどで構成されるドリームガールズのパフォーマンス。歌唱力の凄さに圧倒される。黒人の歌唱力はやっぱり抜きん出ている。凄い。

成功と挫折という物語はお約束の展開だが、それはミュージカルであることを割り引いても十二分にエンターテイメントしている。許してあげてほしい。ジミー・アーリーを演じるエディ・マーフィーはほんと役者だね。

ドリームガールズの監督
ビル・コンドン
ドリームガールズの出演
ビヨンセ・ノウルズ
ジェイミー・フォックス
エディ・マーフィ
ジェニファー・ハドソン
アニカ・ノニ・ローズ
ダニー・グローバー

『ドリームガールズ』成功と挫折の熱唱に脱帽, 4.5 out of 5 based on 4 ratings

タグ: ,

トラックバックURL(お気軽にどうぞ)