『リトル・ミス・サンシャイン』家族がいれば負け組でもいいじゃない


VN:F [1.9.22_1171]
あなたの映画評価は何点?
Rating: 4.0/5 (2 votes cast)
映画の評価(5点満点)

★★★★★

人間は勝ち組と負け組の2種類に分類できる、らしい。そう言われれば、誰しも勝ち組になりたいと思うに違いない。しかし、勝ち組と負け組を隔てる軸はみんな違うはず。自分は負け組と思っていたかもしれないが、無理に他人の価値観に合わせなければ、実はみんな勝ち組、ハッピーなのさ。

『リトル・ミス・サンシャイン』は、そんなことに気づかせてくれるハートフルなどたばたロードムービー。

FoxSearchlight/Photofest/MediaVastJapan

FoxSearchlight/Photofest/MediaVastJapan


アリゾナに住むフーバー一家は、自分の家族だったらちょっとためらわれるような“負け組”一家。No.1のプルースト学者を自称する伯父はライバルに蹴落とされ自殺未遂をし、一家の大黒柱の父親はオリジナルの成功論の出版企画がうまくいかず破産寸前、祖父はヘロイン中毒で老人ホームを追い出されてきている。空軍パイロットを夢見る兄はニーチェに影響されていつも沈黙、筆談でしか話をしようとしない。唯一母親だけが、問題ばかりの一家を必死に切り盛りしている。

そんな一家の長女オリーブが、夢のカリフォルニアの美少女コンテスト「リトル・ミス・サンシャイン」の出場権を得る。メガネっ子で太っているにもかかわらず。狂喜乱舞するオリーブに一家6人は、一路コンテスト会場のカリフォルニアを目指す。黄色いおんぼろのフォルクスワーゲンのミニバスに乗って……。

道中はトラブルばかり。誰が見ても負け組と言えるかもしれない家族は、それによって1つになっていくかに見える。そんな姿には、じんわり心が温まる。家族というのは、みんなわがままをいいつつも、お互いを思いやれるからこそ家族なのだ。どんな家族も、きっと小さなきっかけがあれば変われるのだ。

長女オリーブがコンテストでするダンス姿には笑わずにいられなかったが、とてもキュートで感動的。

この映画を見ると、負け組と言われてもいいじゃないか、と肩の力が抜ける。しょせん、勝ち負けのレッテルを張るのは誰でもない、自分たちなのだ。そして、家族を大切にしたいと思わされる。心が擦り切れたら見てほしい。

リトル・ミス・サンシャインの監督
ジョナサン・デイトン
ヴァレリー・ファリス
リトル・ミス・サンシャインの出演
グレッグ・キニア
トニ・コレット
スティーヴ・カレル
アラン・アーキン
ポール・ダノ
アビゲイル・ブレスリン

『リトル・ミス・サンシャイン』家族がいれば負け組でもいいじゃない, 4.0 out of 5 based on 2 ratings

タグ: , ,

トラックバックURL(お気軽にどうぞ)