『時をかける少女』そんなに出来いい?


VN:F [1.9.22_1171]
あなたの映画評価は何点?
Rating: 2.6/5 (5 votes cast)
映画の評価(5点満点)

★★☆☆☆

ういっすプアーです。この前、テレビでやっていた『時をかける少女』について、つらつら。

感想を述べるのは、大林信彦監督の実写映画ではなくアニメバージョンの方。時間をさかのぼる能力を手にした少女が、その能力を使って日常生活でドタバタしますよってな内容。

(C)『時をかける少女』製作委員会2006

(C)『時をかける少女』製作委員会2006


さて、アニメバージョンだが、正直ちまたで言われてるほどそんなに出来が良くないんじゃないのっというのが素直な感想。理由は最近になって良く分ったのだが、アニメという媒体の持ってる力に依存しすぎなのだ。

アニメという媒体は、それ自体で非常な力を持っている。ただ走る、ただ飯を食べる、これをキチンと描くだけで、大きなパワーとなって現れるのだ。監督はこの力を十全以上に理解しながらも、それ以上のことに踏み込もうとしなかった。それが失敗だったのだ。

伏線の張り方や登場人物の動機付けが不適当だったり、不十分だったり、兎に角、不親切。もし同様の内容を実写でやったら、相当噴飯ものだったと思われる。多分人生で2度と見ることはないだろう。別に問題はない。

でも、この監督の次の作品である『サマーウォーズ』は評判いいんだよなあ。急速に欠点が直るとは思えないからどうなんでしょねえ。誰か見た人の感想をぜひ聞きたいです。

時をかける少女の監督
細田守
時をかける少女の声の出演
仲里依紗
原沙知絵
石田卓也
板倉光隆

『時をかける少女』そんなに出来いい?, 2.6 out of 5 based on 5 ratings

タグ:

トラックバックURL(お気軽にどうぞ)