『アフガン』無常観と不条理さ抜群のロシア映画

VN:F [1.9.22_1171]
あなたの映画評価は何点?
Rating: 4.1/5 (9 votes cast)
映画の評価(5点満点)

★★☆☆☆

プアーです。今回は、ロシア側からアフガン紛争を描いた、一風変わった映画『アフガン』をチョイス。戦争はいつもアメリカが行なっているというイメージがあるが、実は始終戦争やってるのは、北の大国ロシアである。ご存じのように、アフガニスタン、チェチェン、グルジアとの間の沸点は異常に低く、小さなきっかけですぐにドンパチが始まる。

アフガン

»”『アフガン』無常観と不条理さ抜群のロシア映画”


『GOEMON』圧倒的なのは映像美だけ?

VN:F [1.9.22_1171]
あなたの映画評価は何点?
Rating: 3.9/5 (8 votes cast)
映画の評価(5点満点)

★★★☆☆

プアーです。個人的に作品よりも監督自身の動向のほうが気になる紀里谷和明監督の映画『GOEMON』を発見。時間もパワーもあったので意を決して見ようと思った次第。そしたらヤッパリ、紀里谷監督は凄かった!!

goemon

»”『GOEMON』圧倒的なのは映像美だけ?”


『のぼうの城』小田原合戦のアナザーストーリー忍城攻防戦

VN:F [1.9.22_1171]
あなたの映画評価は何点?
Rating: 3.6/5 (5 votes cast)
映画の評価(5点満点)

★★★☆☆

映画『のぼうの城』が描くのは、豊臣秀吉が天下統一を完成させた小田原合戦(小田原攻め)の裏にあるアナザーストーリーである。現在の埼玉県行田市付近にあった北条方の支城「忍城」に、豊臣方、石田三成の軍勢約2万が侵攻するが、籠城する城代、成田長親率いる農民ら含む3000余りの兵が見事に守り抜く。そんな史実をもとに、エンターテインメント映画に仕立てたのが本作である。

のぼうの城

»”『のぼうの城』小田原合戦のアナザーストーリー忍城攻防戦”


『髑髏城の七人』劇団☆新感線のあふれる熱気を映像化

VN:F [1.9.22_1171]
あなたの映画評価は何点?
Rating: 0.0/5 (0 votes cast)
映画の評価(5点満点)

★★★☆☆

プアーです。ご無沙汰!

映画『髑髏城の七人』は、劇団☆新感線の同名の舞台演劇を映像用再編集したものである。

髑髏城の七人

»”『髑髏城の七人』劇団☆新感線のあふれる熱気を映像化”


『アルゴ』前代未聞の人質救出作戦。しかもこれは実話である

VN:F [1.9.22_1171]
あなたの映画評価は何点?
Rating: 3.0/5 (2 votes cast)
映画の評価(5点満点)

★★★★☆

まず言おう、映画『アルゴ』は面白い。

1979年にイランで起こったアメリカ大使館人質事件の裏側で、実際に行われた前代未聞の人質救出作戦では、CIAがなんと、ウソの映画『ARGO』をでっち上げ、人質を救出していたというのだ。この映画で知った事実だが、事話というのは映画よりも奇想天外なものだ。

アルゴ

»”『アルゴ』前代未聞の人質救出作戦。しかもこれは実話である”


『戦火のナージャ』見終わってグッタリ

VN:F [1.9.22_1171]
あなたの映画評価は何点?
Rating: 4.3/5 (4 votes cast)
映画の評価(5点満点)

★★☆☆☆

プアーです。最近、軽い映画ばかり見ていたので、たまには重いものをということで、イッチョ気合を入れてロシア映画の『戦火のナージャ』なぞ借りてみました。安心のロシアンクオリティーながら、大変な目にあった次第。

戦火のナージャ

»”『戦火のナージャ』見終わってグッタリ”


『レバノン』85%戦車視点、レバノン戦争最初の1日

VN:F [1.9.22_1171]
あなたの映画評価は何点?
Rating: 4.5/5 (2 votes cast)
映画の評価(5点満点)

★★★★☆

プアーです。ようやく涼しくなってきて、ちょっと重めの映画を見る気力が沸いてきた今日このごろ。以前から映画評論家、町山智浩氏がラジオですすめていた映画『レバノン』をついに鑑賞!

レバノン

»”『レバノン』85%戦車視点、レバノン戦争最初の1日”


ページ 1 of 3123