『マイケル・コリンズ』社会派映画はいかが

VN:F [1.9.22_1171]
あなたの映画評価は何点?
Rating: 3.0/5 (3 votes cast)
映画の評価(5点満点)

★★☆☆☆

プアーです。労働者階級に位置する僕だが、年に何度か「いっちょ、社会派作品でも見てみっか」という殊勝な気持ちになることがある。肉体的に汗を流すのもいいが、たまには頭で汗を流すのもいいかなということで、映画『マイケル・コリンズ』をチョイス。

マイケル・コリンズ

»”『マイケル・コリンズ』社会派映画はいかが”


『善き人のためのソナタ』これは実話である

VN:F [1.9.22_1171]
あなたの映画評価は何点?
Rating: 4.0/5 (9 votes cast)
映画の評価(5点満点)

★★★☆☆

先日仕事納めを向かえたプアーです。現場は駆け込みということもあって相当ドタバタしていました。そんな疲れた身体に鞭を打って見たのが本作『善き人のためのソナタ』。1年の締めくくりに相応しい重厚な作品である。

善き人のためのソナタ

»”『善き人のためのソナタ』これは実話である”


『フロスト×ニクソン』演技力がすごい!

VN:F [1.9.22_1171]
あなたの映画評価は何点?
Rating: 0.0/5 (0 votes cast)
映画の評価(5点満点)

★★★★☆

個人的にはかなり掘り出し物な映画だった。『フロスト×ニクソン』は、2007年のアカデミー賞5部門にノミネートされながら日本ではそれほど話題にならなかった。しかし、これはなかなかの映画である。

フロスト×ニクソン

»”『フロスト×ニクソン』演技力がすごい!”


『ブッシュ』子ブッシュはパパの愛が欲しかった

VN:F [1.9.22_1171]
あなたの映画評価は何点?
Rating: 3.0/5 (1 vote cast)
映画の評価(5点満点)

★☆☆☆☆

誰しも何かしらのトラウマを持って生きている。アメリカ大統領にまで上り詰めたこの人もそうだった。

在任期間中に見事にヒール(悪役)を演じきった「W」こと、ジョージ・W・ブッシュ第43代アメリカ合衆国大統領。映画『ブッシュ』は、パパブッシュへの畏敬の念に苛まされながら、強引にイラク戦争へ突き進む姿を描いている。政治に私情を持ち込むのはどうかと思うが、まあなんとも愛嬌のある大統領だったわけで。

ブッシュ

»”『ブッシュ』子ブッシュはパパの愛が欲しかった”


『戦場でワルツを』ドキュメンタリーアニメは新境地?

VN:F [1.9.22_1171]
あなたの映画評価は何点?
Rating: 4.4/5 (5 votes cast)
映画の評価(5点満点)

★★★☆☆

プアーです。どうしても見たかった今話題の映画『戦場でワルツを』を見てきた。感想は「面白いちゃあ、面白いんだけど、モニャモニャ~」と何とも歯切れが悪いもの。当日の現場仕事が朝4時起きということもあり、後半はウトウトとしてしまったのはここだけの秘密である。

戦場でワルツを

ほかのレビュアーが「果たしてこの映画を表現するのにアニメである必要があったのか?」と言っていたが、まさしくその通りである。
»”『戦場でワルツを』ドキュメンタリーアニメは新境地?”


『ザ・ウェイブ』この程度の全体主義とは……

VN:F [1.9.22_1171]
あなたの映画評価は何点?
Rating: 4.4/5 (20 votes cast)
映画の評価(5点満点)

★★☆☆☆

プアーです。学生証をなくして以来、あの手この手を使ってしぶとく映画を見てます。この前も金券ショップを初利用。これが便利なものであると実感した次第。

さて、金券ショップでせこく手に入れた映画のチケットは、ドイツ映画『ザ・ウェイブ』。授業で独裁主義を模擬体験、だんだん生徒が暴走していきますよという内容だ。どれだけ全体主義な感じになってるかと思えば、これがもうぜんぜんたいしたことない。全体主義の授業を行う前の生徒が置かれた『自由』のレベルが違いすぎるのだ。授業中にドリンク付きなんですよ! コーラとか。

ザ・ウェイブ

»”『ザ・ウェイブ』この程度の全体主義とは……”


『ミュンヘン』報復が英雄を生みだす

VN:F [1.9.22_1171]
あなたの映画評価は何点?
Rating: 5.0/5 (1 vote cast)
映画の評価(5点満点)

★★★☆☆

憎しみは報復を生み、報復はさらなる憎しみを生む。こういう不幸な連鎖は歴史的には何度も繰り返されているわけで、多様性というのはたびたび悪い側面ものぞかせる。

スティーブン・スピルバーグ監督がミュンヘンオリンピック事件を映画化した『ミュンヘン』は、1972年というまだ遠くない過去に起こった実際の出来事を生々しく描いている。人間の憎悪というのは本当に恐ろしいものだ。

ミュンヘン

»”『ミュンヘン』報復が英雄を生みだす”


ページ 2 of 3123