『アイズ・ワイド・シャット』キューブリック監督恐るべし

VN:F [1.9.22_1171]
あなたの映画評価は何点?
Rating: 4.1/5 (8 votes cast)
映画の評価(5点満点)

★★★★★

スタンレー・キューブリック監督の『博士の異常な愛情』が大好きだったが、なかなか見る機会がなかった『アイズ・ワイド・シャット』。彼の遺作となったわりには、トム・クルーズとニコール・キッドマンが絡み合うポルノチックなイメージが先行したせいか、公開当時はスルー。今回、久々にキューブリック作品を見ることになったのだが、これがやっぱりスゴイ! アクションやスリリングな仕掛けなんかなくても、その世界にグイグイと引き込んでくれる。これは、やっぱり監督の手腕がいいからなのだ。

アイズ・ワイド・シャット

»”『アイズ・ワイド・シャット』キューブリック監督恐るべし”


『シャッター アイランド』期待値以上の謎解きミステリー

VN:F [1.9.22_1171]
あなたの映画評価は何点?
Rating: 3.7/5 (10 votes cast)
映画の評価(5点満点)

★★★☆☆

ミステリーの醍醐味は謎や秘密の解明にある。どんなにそれを楽しませてくれるかが勝負だ。『シャッター アイランド』は、デニス・ルヘインの同名小説をデニス・ルヘインの同名小説をマーティン・スコセッシ監督&レオナルド・ディカプリオ主演で映画化。ミステリーの王道といえる作品に仕上がっている。個人的には結構はまった。

シャッターアイランド

»”『シャッター アイランド』期待値以上の謎解きミステリー”


『シャイニング』恐怖度No.1でも説明不足

VN:F [1.9.22_1171]
あなたの映画評価は何点?
Rating: 3.5/5 (60 votes cast)
映画の評価(5点満点)

★★★★☆

シャイニング』を初めて見たときは子供だったせいか、難解で気持ち悪い映画だと思っていた。今見てみると、説明不足なところが多いように思う。ホラー映画の傑作として名高い『シャイニング』だが、スティーブン・キングが不快に思った理由も分からないでもない。

シャイニング

»”『シャイニング』恐怖度No.1でも説明不足”


『ボディ・バンク』こんなタイトルでも意外に社会派!

VN:F [1.9.22_1171]
あなたの映画評価は何点?
Rating: 3.0/5 (1 vote cast)
映画の評価(5点満点)

★★☆☆☆

ヒュー・グラント+ジーン・ハックマン出演の社会派サスペンス『ボディ・バンク』。ちょうど映画三昧の日々を過ごしていた1996年の映画だが、僕のアンテナにはまったく引っかからなかった。“ボディ・バンク”なんてチープなタイトルを付けられたら、そりゃパスしても仕方ないか。しかし、見てみるとこれがなかなか引き込まれるストーリーテリング! うかつにもひどくチープなタイトルを持つ映画に引き込まれてしまったものだ。

ボディ・バンク

»”『ボディ・バンク』こんなタイトルでも意外に社会派!”


『ホステル』痛いの大嫌い、だけどもう一歩

VN:F [1.9.22_1171]
あなたの映画評価は何点?
Rating: 2.7/5 (6 votes cast)
映画の評価(5点満点)

★★☆☆☆

プアーです。ホラー映画でもない、サスペンス映画でもない、拷問映画『ホステル』をノリで借りてみた。告白すると、僕はホラーとか拷問とかまったくダメなヘッポコである。正直あんまり食指が進まなかったのだが、この映画、カルト界で微妙に話題になっているのだ。今回は清水の舞台から飛び降りるつもりで頑張ってみました。
ホステル
»”『ホステル』痛いの大嫌い、だけどもう一歩”


『グエムル -漢江の怪物-』生かしきれなかった怪物

VN:F [1.9.22_1171]
あなたの映画評価は何点?
Rating: 4.4/5 (5 votes cast)
映画の評価(5点満点)

★★★☆☆

プアーです。ポン・ジュノ監督の『殺人の追憶』で映画の奇跡を目の当たりをした僕。期待をパンパンに膨らませて見た『グエムル -漢江の怪物-』だが、「え? 同じ監督?」と思うほどチョット困った出来だ。

グエムル-漢江の怪物-

»”『グエムル -漢江の怪物-』生かしきれなかった怪物”


『殺人の追憶』ポン・ジュノ「世界のクロサワ」正統な後継者

VN:F [1.9.22_1171]
あなたの映画評価は何点?
Rating: 4.6/5 (9 votes cast)
映画の評価(5点満点)

★★★★★

プアーです。GEOの100円コーナーの棚をつーっとなぞっていくと本作が。各所で激賞されている『殺人の追憶』である。どれだけすごいんだべと思ったら、ホントにすごかった。『ダークナイト』『シティ・オブ・ザ・ゴッド』などその年、その時代を代表する作品と並べてもまったく遜色のないすさまじい出来なのだ!

殺人の追憶

韓国映画は昔から土着的というか泥臭い映画を撮る技術に特筆するものがあるだが、本作は正にその韓国映画の精髄といえる。
»”『殺人の追憶』ポン・ジュノ「世界のクロサワ」正統な後継者”


ページ 3 of 512345